当時のアイヌの人から教わった伝説と言われ語り継がれてきた『技:鮭の保存食の作り方』その2つ目は

当時のアイヌの人から教わった伝説と言われ語り継がれてきた『技:鮭の保存食の作り方』

 

 

 

その2つ目の話は

 

 

 

 

アイヌの人々がたくさん釣ってきた鮭の腹に塩を入れます。

 

 

 

 

 

そして玄関の前にその鮭を並べてきます。

 

 

 

 

 

人が歩くところに並べていきます。

 

 

 

 

 

 

そして鮭の上に何か敷物をかぶせます。

 

 

 

 

 

玄関前なのでみんなその上を歩きます。

 

 

 

 

 

そうすることによって人間が歩く事によって鮭に味を付けて保存食にしていたそうです

 

 

 

 

 

これも86歳のおばあちゃんから覚えておきなさいということです。

 

 

 

 

|д゚)スゴイビックリシマシタ・・

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です