生ショウガを皮ごと乾燥させた物は夏バテ防止に効く

 

おばあちゃんが夏バテ防止の為に作っているお菓子があります。

ショウガ 

 

 

 

それは皮が付いた生ショウガをそのまま千切りにして乾燥させたものです。

 

 

 

それだけだったら辛いから沖縄の黒い飴と一緒に食べるそうです

 

黒い飴

 

※これが夏バテ防止の為に86歳のおばあちゃんが心がけてやっている一つです。
で、ちょっと生ショウガと乾燥ショウガの違いを調べてみたので書きますね

------------------------------(生姜は生と乾燥では違うを参考にしました)

分かり易くまとめてみました。

ショウガには3つの成分があるようでジンゲロールショウガオールジンゲロンがあります。
この中でもジンゲロンの成分は少なくて重要なのはジンゲロールとショウガオールになるそうです。
この二つの成分でも生ショウガと乾燥ショウガでは成分の割合が変わるそうで、
ジンゲロールは乾燥されることで、その一部がショウガオールに変わります。

このショウガオールっていうのが冷え性対策には必要な成分でそれだけではなく、
体の中で熱を作り出すのに役立ってくれたり、胃や腸の壁を刺激して、血流を良くして熱を作り出す手助けもしてくれるみたいです。

生姜を乾燥させることで、ジンゲロールの血流アップ効果と、
ショウガオールの熱を作り出す効果の両方で体を温めることができ、極端に言えば、生の生姜は末端を一時的に温めるだけですが、乾燥生姜は全身を温めてくれると言うわけです。

漢方で冷え性に使うのは『乾燥生姜』
生姜は昔から漢方薬として使われてきました。
そして、生の生姜と乾燥した生姜では、使われ方も違っています。
生の生姜は「解熱作用」、乾燥生姜は「寒冷を止める作用」があるものとして
区別されて使われています。

--------------------------------(ここまで)

夏バテの症状は

・全身の疲労感
・体がだるい
・無気力になる
・イライラする
・熱っぽい
・立ちくらみ
・めまい
・ふらつき
・むくみ
・食欲不振
・下痢
・便秘

夏バテの原因は 自律神経の働きが乱れ、血行が悪くなった結果起こります

上記の成分であるように
ジンゲロールは乾燥されることで、その一部がショウガオールに変わり
このショウガオールの成分により、血流が良くなることで
自律神経の乱れを防せぎ夏バテ防止にも効果があるという事ですね。
(´◉◞౪◟◉)

 

現在も進行形でおばあちゃんは作って食べているので、もし興味のある人は
是非チャレンジしてみてください♪
効果があった人は教えて頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です