おばあちゃん時代はぐすべりの木の新芽・トウモロコシの毛先・カンゾウ・スイカの皮さらにハコベを干したもの混ぜて煎じて飲んで腎臓の病気を治していた

おばあちゃんが若いころに腎臓病で悩まされた時期があったそうで、その当時はぐすべりの木の新芽・トウモロコシの毛先・カンゾウ・スイカの皮さらに ハコベを干したもの混ぜて煎じて飲んで腎臓の病気を治していました。

当時の人々のお家にはカンゾウを干したもの、スイカの皮を干したものは普通に家に置いてあったそうです。

なので必要な時はすぐに使うことが出来たそうです。

もちろんそれで治って86歳のおばあちゃん・現在も元気ですよ(´ω`)

 

①ぐすべりの木の新芽を干した物

ぐすべりの新芽

②トウモロコシの毛先を干した物

トウモロコシの毛先

③カンゾウを干した物

カンゾウ

④スイカの皮を干した物

スイカ

はこべを干した物

ハコベ

 

 

しかしこんなの5種も混ぜて煎じたらどんな味がするのでしょうか(´・ω・`)

上記5点調べていくうちに一つ一つ他にも作用がある事がわかりました。

(※できた記事からリンク貼り付けます)

せっかくなので分けて投稿しますね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です