人間はテクノロジーを使って永遠の命を手に入れようとしているが、自然界の中では既に不老不死の力を持った生物が存在する

最近「やりすぎ都市伝説 2時間SP 2016年12月2日」・「やりすぎ都市伝説 4時間SP 冬 2016年12月23日」

のテレビで関暁夫氏が人間がテクノロジーを使って意識をデータに入れてVRの世界に移住する=人間が永遠の命を得ようとしている興味深い話を拝聴しましたが関暁夫氏に負けず、私もびっくりする話をしたいと思います。

生物の話ですがね(*´ω`*)

実は自然界の中では不老不死の力を持った生物が存在します。

それがロブスターです( ゚Д゚)マッマジデ?!!

 

 

ロブスターは不老不死です。あえて寿命を言うと人間に捕食されるまでです。

ロブスターは脱皮する時に殻だけでなく内臓も新しいものに入れ替わるので

脱皮するごとによって食欲・生殖能力・新陳代謝までも落ちることはなく

永遠に生きることができます。

ただ生き続けていたらどんどん体が大きくなりますよね><

そしたら脱皮する時に脱皮不全に陥って死んだり・脱皮している間に他の生物に捕食されて死んでしまったり、

危険性も高くなりますので、寿命はないけどある意味では140歳くらいなんじゃないかな?

 

ちなみに雄と雌の見極め方はちょっと難しいのですが、

ハサミの分厚さで雄の方がパンパンに分厚くて身が詰まっています

少し薄くて身が少ない方のが雌です(・´з`・)

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です