おばあちゃん時代のお灸の仕方

おばあちゃん時代のお灸の仕方を教えて頂きました(´・ω・`)

おばあちゃん時代の頃は人にお灸をするのは許されていたそうですが、

今の時代は免許がないと人にやってはいけないそうですね><

(いつの間に免許とか必要になったんだ( ゚Д゚))

自分で自分にやる分には問題ないそうです。

これはおばあちゃんから頂いたお灸セットです

お灸

 

 

 

 

 

当時のもぐさです。ヨモギの毛からできています。

もぐさ

 

 

 

 

おおっ!

マッチ棒が・・?!

マッチ棒

 

999なんだって

これって陰謀論者とかが反応する数字なんじゃないの!

999の逆は666って。コワイコワイ( ゚Д゚)

だけど悪魔はいないと思いますよ。

悪魔は象徴であって悪魔が実際にいるわけではないと思うんだけどな。

あくまでも象徴であるということ。

 

 

 

さてさて<86歳のおばあちゃん流のお灸の仕方>に入ります

まず足にあら塩を塗ります。

皮膚が赤くなったら布を上に敷きます

足

 

 

 

 

布の上にお味噌を塗ります。

足

 

 

 

 

布の上にもぐさを置きます。

足

 

 

 

 

線香で火を付けます。

img_1722

 

 

 

 

だいたい残り2割になったら指で押さえてジーーって火を消すのですが

おばあちゃん時代は消さなくそのままにします。

「熱い」「熱い」ってなったら そっと布をどかすだけでOK

img_1723

 

 

 

これを同じ場所に3回やって終わりです。

 

お灸は失敗したらただ効かないだけだそうです

(・´з`・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です