昔は桑の木の根に余った母乳を預けてまた必要になった時に桑の木を煎じて飲んでいた

おばあちゃんからの昔の話
前回の蚕の話(※蚕(カイコ)という明らかに不自然な昆虫について( 絹・シルク))に出てきた桑(ヤマグワ)にちなんでですが、桑の木にも昔から伝わる教えがあります。
『桑の木は恩返しをしてくれる木』だと言われてきたそうです。
また、染物・食物・薬草・お茶など幅広く人々の間で活用されていました。
名前の由来は、中国の古書には、蚕(かいこ)が葉を食べる神木として、桑の漢名があてられています。                                                                            

ヤマグワ

おばあちゃん時代の妊婦さんの話ですが、赤ちゃんが生まれた時に母乳が余ったりすると
桑の木の根(神様)にそれを預けて(※根元に母乳の余りを流し込む)
(※戦争が起こる前までの日本人は自然の神様と共存している教育を受けているのが当たり前なので、会話する時にも神様という言葉は使用されています)
来年でもまた必要になた時にその桑の木を煎じて飲むそうです(※その時はどの桑の木でも良いそうです)
そうしたら母乳が足りない時でも煎じたのを飲むことによって母乳が出る様になるそうです。全くでない人の場合は鯉の鱗を使った別の方法があるのでそれに関しては別の機会に記事にします。

今回は『桑の木を煎じて飲む』桑の木について調べてみたのですが、
すごい幅広い病気に効果があるみたいですね(´゚д゚`)

鎌倉時代に「長寿の薬」として記録があり、漢方によると、葉、枝、実、根、それぞれに違った薬効があるとされています。そのうちお茶になる桑の葉は、感冒などに効果があるとされてきました。

利尿、血圧降下、血糖降下作用、便秘、高血圧、動脈硬化、補血、強壮、咳止め、糖尿病、口渇き、頭痛、たん、せき・・など 違うサイトではガンにも効果があったと書かれています。

おばあちゃん時代の時にはガンとか花粉症とか甲状腺の病気とかなかったって言ってたのは
こういう物を私生活から食べたり飲んでたりしてたからかもしれないし、もちろん環境もここまで破壊されていない時代だったらからかもしれないですね(>_<)

薬用植物から効果をわけてみました。

(これ一回自分で効果を試してみる必要がありますね(ノД`)・)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(薬用植物一覧表から掲載しています)

ヤマグワ、ロソウ、カラヤマグワなどを改良した栽培品種を用いることもあります。

これが生薬の桑白皮(そうはくひ)とは冬に根を掘り、細い根は取り除き、水洗いしてから皮部をはぎ天日で乾燥したものです

11月ころの葉を採取して天日で乾燥したものを桑葉(そうよう)という

4~6月に若い枝を刈り取り天日で乾燥したものを桑枝(そうし・くわ茶)

4~6月ころに果実を集めて乾燥したものを桑椹(そうたい)    と言います。                                                                   

【薬効・用い方】----------------

桑白皮(そうはくひ)には、利尿、血圧降下、血糖降下作用があり、漢方薬の清肺湯(せいはいとう)華蓋散(かがいさん)などに処方されます。
桑白皮(そうはくひ)だけを用いる場合は、1日量10~15グラムを煎じて服用します。


桑葉(そうよう)は、細かく刻み茶材として、お茶のように急須にいれてのむと便秘、高血圧、動脈硬化、補血、強壮、咳止めの予防になります。糖尿病、口渇き、頭痛、たん、せき、目の充血には、1日量5~10グラムを煎用とします。
桑枝(そうし)は、リューマチ、神経痛、関節炎に1日量30~60グラムを煎用します。
桑椹(そうたい)は、肝臓、腎臓の機能を高める作用があり1日量10~15グラムを煎用します。

 

【クワ酒/クワ薬用酒】----------------

桑白皮(そうはくひ)200グラム刻み、砂糖を同量加えてホワイトリカー1.8リットルに6ヶ月程度おいて、完熟させます。布でこして就寝前に約15ミリリットルを飲用すると高血圧の予防になるとされます。
熟した果実500グラムか桑椹(そうたい)200グラムに、砂糖150グラムを加えて、約1ヶ月漬けたものをクワの実酒といって疲労回復、強壮、浄血、動脈硬化の予防になるとされます。

塗布(とふ):乾燥した葉を粉末にして、ゴマ油で練って患部に塗ると熱湯やけどに効果があるとされます。

(焼けどとかにも効果があるんですね。びっくり)

生の果実はそのまま食べても薬効があるとされています。
また、若葉は、ゆでてから調理して食べます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おばあちゃんも言ってました、
桑の実を焼酎にしたりジャムを作ったりもしていたそうです。
子供の時に顔に塗って真っ黒にして、友達を脅かしたりして遊んでいたそうです。
染料だからなかなか取れなくて大変だったみたいですよ。
桑の実酒も大変興味あります。引っ越しが終わったら作ってみてUPさせますね。

 

※あともう一つ気になるのが、桑の木とガンで検索かけたら、ガンに効果があるという記事をちらほら見かけます。これは次回調べてから記事を書きますね(*´Д`)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です